根管治療(マイクロエンド)

「もう、この歯は残せない」と言われるような深い虫歯でも正確な根幹治療で歯の寿命を驚くほど伸ばすことができます。

虫歯の治療で本当に大切なのは、外から見えない部分の治療です。歯ぐきや骨の中に隠れている「歯根」の治療をキチンと正確に行なうことで、長年の痛みがとれたり、かぶせ物の寿命が驚くほど長くなります。

こんなお悩みをお持ちの方は、ご相談ください。

  • むし歯が深く「抜歯するしかない」と診断された
  • 「歯根嚢胞」「歯根膜炎」と診断され、抜歯が必要と診断された
  • 「歯髄炎」と診断され神経を取るしかないと言われた
  • できるだけ自分の歯を残したい

根管治療とは

歯の痛みで歯科に行くと、「むし歯が深いので神経を取るしかないです」「根の治療をしましょう」と言われたことがあると思います。 虫歯を放置しておくと、神経組織のある根の管(根管)に口内のばい菌が入り込んで増殖し、歯の根の先の顎の骨を溶かしてしまい膿みの袋ができます(根尖病巣)。 このままの状態を放っておいても自然治癒は見込めないばかりか、身体にまで影響が及び、病気の原因になる事もありますので早めに歯科医院へ行き適切な治療を受ける事が大切になります。 歯は外から見える歯冠と歯ぐきや、骨の中に隠れている歯根という部分からできています。この歯根の中には、神経が通っているとても細い管があります。むし歯が進み、むし歯菌が神経に到達したり、根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、その管の中の感染物質を除去する必要があります。 そのような歯の根の治療を「根管治療」と呼びます。

根管治療の重要性

根管治療は、歯科治療においてとても重要な治療で、その歯の寿命を決定付ける治療といっても言い過ぎではありません。 家を建てるのと同じで、基礎になる根の治療をしっかりしていなければ、どんなに高価なセラミックの歯を入れても、後々根の中に膿(感染物質)がたまってきたり、根のまわりに炎症が起こったりして、せっかく装着したセラミックを外して再治療が必要となる場合があります。最悪の場合、歯を抜かなければならなくなるかもしれません。 そのような事態をさけるため、丁寧に適切な根管治療を行う必要があります。 治療には、「リーマー」や「ファイル」と呼ばれる器具で、細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去していきます。 根管治療は時間と技術を必要とする治療のため、医師の経験はもとより、精密な治療を行うための設備環境が整っている事が大前提となります。 カナザキ歯科では、各種設備に加え「マイクロスコープ」を使用した精密根管治療・マイクロエンドを推奨しております。

症例

神経をとる治療

むし歯が深くなり細菌が歯隋(神経のこと)に進入し、ひどい炎症を起こし て痛みが出ている状態のことを歯隋炎といいます。こういう場合、麻酔をし て歯に穴を開け、歯隋を完全に取り除きます。そうすることで痛みは解消し、 その後の治療を進めることができます。

根の中の細菌や汚染を取り除く治療

左 : まだ正確な治療を行っていない歯です。根尖病変ができ始めています。次 回からの治療でここを治していきます。 右 : 当院で行った根の治療です。根の先端まで正確に感染源を取り除き、ガタ バーチャーという、人体に無害で変質しないお薬を正確に充填しています。こ うすることで、歯を長持ちさせることができます。

カナザキ歯科の根管治療(歯の根の治療)特長

マイクロスコープ(高精度手術用顕微鏡)を用いた精密な治療【マイクロエンド(自由診療)】

医療先進国であるアメリカやヨーロッパではマイクロスコープ、ルーペを使用して歯科治療を行うことは常識となっています。 しかし日本の歯科治療のほとんどが肉眼で行われているのが現状です。(日本全体の歯科医院の2~3%しかマイクロスコープは普及していない) 根管治療は、肉眼では見ることのできないほど細かい部分を治療するためミクロン単位(1mmの1000分の1)の精度が必要とされます。そのため、ばい菌に感染した組織を除去するためには専用の器具や設備が重要になります。 カナザキ歯科ではマイクロスコープ(高精度手術用顕微鏡)を導入することにより、肉眼では治療不可能であった精密な治療が可能なのです。

マイクロスコープ用の数多くの器具を導入【マイクロエンド(自由診療)】

マイクロスコープを使用した拡大視野で治療を行っていくためには、従来の治療器具よりも小さく精度の高い精密治療用のインスツルメント(器具)が必要不可欠となります。このミクロン単位での小さな器具を使用してくことにより、より正確な治療を行うことができます。

  • ・NiTiファイル
  • ・多種類の超音波チップ
  • ・多種類のマイクロエキスカ

それぞれの歯に適した根管充填法の選択

きれいになった根管は、新たに「菌」が侵入しないように完全に封鎖する必要があります。その「根管を封鎖する治療」のことを「根管充填」と呼びます。 それぞれの根管の形態や状態によって、その根管に適した根管充填の方法を選択し、根管充填の完成度を上げていきます。

続きを読む

●Pro root MTA

封鎖性に大変優れた材料で、生体親和性に優れたすばらしい材料です。日本ではまだまだ新しい材料ですが、世界レベルで評価されています。 当院でも、これまで「抜歯」と診断せざる得なかった症例にプロルートMTAを用いたことにより、抜歯をせずに維持しているケースが数多くあります。

●垂直加圧充填

Super Endo α βの使用

●側方加圧充填

閉じる

使い捨て器具の使用と衛生管理の徹底

使用する器具で可能なものは使い捨て器具を使用し、治療毎に新しいものに交換するようにしております。また、消毒、滅菌は徹底して行っております。

カナザキ歯科の根管治療の流れ

1. 検査

お顔やお口の中の写真、パノラマレントゲン写真、頭部X線規格写真(セファログラム)など、診断・治療計画をたてるために必要な検査を行います。

2. 治療計画の説明

検査結果をもとに歯科医が診断し、患者様のご希望に沿った治療計画を立てます。 治療方法について、選択が可能な場合は、それぞれのメリットやデメリット、治療期間や費用の違いなどについて、カウンセリング専門のトリートメントコーディネーターがわかりやすくご説明しますので、納得したうえで治療方法を選ぶことができます。

3. 治療

治療内容に納得しいただきましたら治療の開始です。

4. 補綴物を装着

根管治療後は、詰め物や被せ物を装着します。

根管治療についてよくある質問

ここでは、根管治療に関するよくあるご質問と回答をご紹介いたします。

治療の時間はどれくらいですか?
1回の治療時間は60~90分の方が多いです。
治療の期間はどれくらいですか?
根管治療(神経を取る治療)ですと1~2回、再治療(過去の治療のやり直し)ですと2~3回の方が多いです。
費用はいくらくらいかかりますか?
歯の状態や種類によって違いますのでお問い合わせください。
痛みや不快症状はどうですか?
痛みが出ることは稀にあります。根管治療と再治療を比較すると再治療時のほうが痛みが出ることが多いようです。鎮痛剤を処方いたしますので痛みのある時は服用してください。また、痛みが治まらないなどのときはすぐに医師に連絡を取ってください。
生活上気をつけることはありますか?
むし歯の予防、歯周病の予防をこれまで以上に正しく行っていただくことが肝要となります。

根管治療(歯の根の治療)の患者様の声

根管治療(歯の根の治療)

痛みの原因を丁寧に探ってもらい、安心して治療を受けられる歯科医院です

初診でしたが、痛みの原因を丁寧に探っていただき、最後の治療まで大変お世話になりま...(愛媛県東温市 30代・女性)

根管治療(歯の根の治療)

患者だけでなく歯科衛生士にも丁寧な口調でお話していて、気持ちよく治療をうけることができました。

長い間、丁寧な治療をして頂き有難うございました。 藤井先生は患者だけでなく歯科衛...